料理ネタ

こんにちは、高橋です。

朝晩と冷え込みが厳しくなってきましたね。
私はすでに毎日ホッカイロを貼っています。(#^.^#)

この時期以降、寒くなるとたまに食べたくなるのが「焼き芋」。
焼き芋と言えば、やっぱりおじさんが屋台を引いている「石焼き芋」を思い浮かべますが、最近は目にする機会もめっきり少なくなったように感じます。

「石焼き」は、サツマイモを熱した小石の中に埋めて、間接加熱によって焼くやり方です。この焼き方だと、間接的にゆっくりと加熱することで、サツマイモに含まれている「アミラーゼ」というデンプン分解酵素がデンプンをブドウ糖に変えるため、通常の焼き方よりも甘く仕上がるんだそうです。あの石焼き芋のおいしさの秘密はここにあったんですね。

今日は、おうちで石焼き芋のホクホク感を再現する焼き方をご紹介。

必要なのはオーブンとアルミホイルのみ。直径6センチ以下のサツマイモをよく洗い、アルミホイルで全体を包んだら、天板(オーブン用の角皿)に乗せ、オーブン160度で60分焼きます。6センチ以上のサツマイモだと、その時間ではホクホク感が出ないので、更に15~30分程度の加熱が必要だそうです。

ぜひご自宅でトライしてみてください。

話は変わりますが・・・お披露目です。
ペコこちゃん生誕60年記念のフィギャアをついにコンプリートしたので、ご紹介。

4d9c32c23df5d234e629c922c58d8e12-300x225 d2aff1417831aa621c16cd5b95306b4b-300x225

最近、会社のみんなに不二家のハートチョコを振舞っていたのは

これを集めていたからです。
右側写真の奥にいるモノクロのフィギャアがシークレットの元祖ペコちゃんです。
専用のケースも無事届きました。♪