パッシブという発想。

小川です。

皆さんパッシブという言葉をご存知ですか?
あまり普段聞き慣れない言葉です。
逆接語はアクティブ。
アクティブ(積極的)な冷暖房をしないことです。

建物の性能をできるだけ高め、自然エネルギーを利用してなるべく冷暖房に頼らない家はパッシブだと考えています。
太陽熱や地熱、風、植物など最大限利用し、住まいに取り入れる。
今はスマートハウスや自家発電など、創エネルギーが注目されていますが、すべてが電化製品であることには変わりありません。

年々良いものができていくし、いずれは古くなっていきます。
そういった時代に流されないシンプルな家、何年経っても変わらず、さらに後から変えることが困難である家自体の性能を十分高めておくこと。
そもそもエネルギー自体を使わない家。そして今後、進化させることができる家。

そんな家が私は好きです。