リノベーションで地域に貢献

こんにちは。まだまだ寒い日が続きます。先日は休みに保田まで出かけてきました。

保田川のほとりに頼朝桜が満開に咲いていてとてもきれいでした。

頼朝桜とは「河津桜」を石橋山の戦いに敗れ小舟で逃れた源頼朝が当町の竜島海岸に上陸し、再起を図った史実をもとに名づけられたもので、保田川や佐久間ダム公園に植栽されています。

3/5(土)には、竹灯篭まつりが開催される予定です。

保田川の周辺を散策し、保田小学校を見学。保田小学校は2014年に廃校となり、その後道の駅へと生まれ変わりました。

教室や体育館はそのまま、直売所や宿泊施設へと生まれ変わりました。廃校になっていく学校をリノベーションして人々の交流施設へと生まれ変わらせることができたとてもユニークな発想だと思います。

地域にも貢献できて一石二鳥ですね。頼朝桜 小学校  えりか