お部屋の大きさ

10月30日 金曜日
設計の平野です。

今回は、部屋の大きさの考え方のススメ。
部屋の広さを考えるとき、

ただ、このぐらいの広さがほしいではなく、
何を置くか、どう使うかで、考えることをオススメします。

たとえば御夫婦の寝室、
就寝スタイルによって、部屋のサイズを考えましょう。
布団を敷いて寝るのなら、3m角の5.4帖でも十分です。
ベッド2台で寝る場合なら、4m×3mの7.2帖は必要に。
タンスだったり、テレビを置かれたいのなら、
初めからそのスペースも考えておくことも大事になります。

子供部屋も同じ。
6帖ぐらいは必要と考えてしまいがちですが、
ベッド、机、本棚があればよいのなら、
最小面積で4m×2mの4.8帖でも可能です。
今ならなんとクローゼット付です。

e5ad90e4be9be983a8e5b18b1

広い部屋を与えてしまって、
あまり快適な子供部屋になると、
部屋からなかなか出てこないなんてことにも・・・
「物を置かせない」ことによって、
片付け上手にさせるのもいいかもしれません。
部屋の広さを決めるときは、
固定概念に囚われず、<
まずは何を置くか、どう使うかで、
考えることを、オススメします。
高橋、小川も言ってますが、朝晩すっかり寒くなりました。
風邪等引いてませんでしょうか?
インフルエンザも流行っております、
お気を付けください。
ではでは