自分スタイル

住宅取得層の若年齢化が緩やかに進む中、現在住宅購入の中心になっているといわれるのが30代前半の団塊ジュニア層です。

バブル崩壊による就職難も経験し、慎重で用心深い消費者といわれていて、インターネット等を活用し、慎重に評価が定まったもの・失敗がないものを買う傾向が強いそうです。

また、雑誌などから常にセンスの良い情報を入手して育った世代で、デザインに対しては非常に個々のこだわりが強く、等身大の自分らしさを大切にし、古着やインテリアショップの流行、カフェスタイルなど消費の新トレンドはこの世代から生まれています。

ハード面では「合理的・堅実消費」を重視しながら、ソフト面では規格ではない、人とは違う自分らしさを求める・・・

そんなこだわり派をターゲットにした住宅設備シリーズがTOTOからでています。

その名も「White&Straight」

キッチン、洗面台、トイレ、ユニットバスの水廻り商品ですが

直線的で白が基調の、限りなくシンプルで主張しないデザインです。

暮らし始めてから家具や雑貨で自分流にアレンジしたい、

基本的な機能を満たしてコストパフォーマンスにすぐれているものがいい、

そんな要望を満たすシリーズです。

私が好きなところは洗面化粧台の足元。

フロートタイプになっているので空間に広がりが感じられ、お子様の踏み台や体重計とかもスッキリ納まります。

ベースはシンプルにまとめて、好みの家具や雑貨で自分スタイルをつくっていきたい方におすすめです。

高橋でした。

8d1f9fc8e5ee39236f9eb864c8126d12