質問リフォームも行っていますか?
回答

リフォームもお任せください。耐震リフォームや水廻りのリフォーム、オール電化リフォーム、介護リフォームといった内部のリフォームから、屋根の葺き替え、外壁の塗り替えといった外装リフォームまで、幅広いリフォーム工事に対応しています。その他、店舗の設計・施工も行っております。

住宅に関することでしたら何でも対応していますので、リフォームについてもお気軽にご相談ください。

質問地熱利用とありますが、地熱と聞くと温泉熱のイメージがあるのですが違うのでしょうか?
回答

私たちが利用する「地熱」とは温泉のようなマグマの熱ではありません。太陽熱エネルギーが地中に蓄えられているものです。夏の高温・日射熱が地中に蓄えられ、それが伝わって建物の床下の地中も夏の終わり頃にはだんだん温度が上がってきます。その床下地中温度を冬になっても冷え込ませないように工夫して、床下地中温度に家全体が支えられる構造にしたものです。そのために、まず地熱利用する建物は高断熱・高気密住宅とし、高断熱の為の工法は断熱材が途切れない外断熱を採用します。地表から5メートル下の地中温度は熱変動が少なく、東京以西では15~18度でほぼ一定しています。しかも、夏の平均は15度で外気より10度も低く、冬の平均は18度で外気より12度余りも暖かくなっていて、夏冬が逆転しています。

この温度差は「土」の持つ性質によります。土は天然の断熱材です。カエルやヘビが「土の中」で冬眠するのは、外気が冷えても土は断熱性能を持っていて冷え込まないことを知っているからです。また、土は蓄熱量が大きく、しかも熱を伝える性質もあります。ただし、地中深くに熱が届くまでにはタイムラグがあります。洞窟や井戸水が夏に冷たく、冬に暖かいのはこのためです。夏には太陽からの日射と外気温により地表面は暖められ、その熱は徐々に地中深くへと伝わっていきます。冬にはこれと逆の現象が起きます。この地中温度と外気温のライムラグに着目して、床下の地中を深い地中のよう「外気温とのタイムラグ」を起こして冬の暖房と夏の冷房に活かすのが地熱住宅の原理です。不快な「夏の暑さ」と「冬の寒さ」をそれぞれ半年先に活用することで快適さに変えています。冬は、夏からの熱を持ち越して、床下土間表面から自然放熱します。夏はこれとは逆に、床下地中に持ち越された冬からの冷熱で家中を冷やします。そのための工夫が「床下システム」という装置で地熱利用しています。私たちが利用しているのは「伝導型地中熱利用方法」です。詳しくは環境省の地中熱利用をご覧ください。

環境省が出している地中熱利用についての資料です。⇒環境省 地中熱利

 

 

 

 

質問床下システム(地熱利用システム)とはなんですか?
回答

冬場はどんなに高断熱・高気密住宅にしても、やはり2階天井付近には『暖かい空気』(日射熱)がたまります。それを『床下システム』で吸い込み、床下へ放出します。その熱が、床下の基礎コンクリートに蓄熱され、そのわずかな熱で「徐々に冷え込んでくる」ことを防ぎます。私たちが行っている建物の基礎下地中の熱を冷やさないようにする工夫・工法は、パイプを深く埋めたりする大がかりな設備は必要ありません。床下地中に「さりげなく」夏の熱を冬まで持ち越すこと。正確にいえば「伝導型地中熱利用方法」です。

そして夏場は、床下の空気を吸い上げ、エアコンにより1階床面近くにある低温ドライ空気を、床下に呼び込むことで床下はドライ空気の貯蔵室になります。また、床下は冬から持ち越された、約15℃の地温に支えられているので、ドライ空気はより一層冷やされて2階ホールに放出して再利用されます。

質問千葉県以外でも建築可能ですか?
回答

私たちの信念はお客様と家族のように長年に渡りお付き合いさせて頂くことです。ですから、地元に密着しあまり遠くには建てることはできません。メンテナンスなど入居後のお付き合いを大切にするため、施工エリアを木更津市より約1時間半以内に限定しています。何かあったらすぐに対応できる距離が大切と考えています。

そして、1年間に20棟までと決めているのは、忙しさに追われて品質を下げぬよう、良いものを丁寧に造り上げるためです。自由設計が故の現場毎に違う施工手順や、完全外張り断熱工法など高い施工技術が要求される中、大工だけでなく各職人達が日々切磋琢磨し、技術レベル向上に努める環境づくりを大切にしています。

質問シロアリ対策はどのようにしていますか?
回答

基礎の外側を断熱するとシロアリにやられます。と10数年前までは言われてきました。しかし、この問題を解決するために、断熱材メーカーも懸命な努力を続けており登場したのが「防蟻対策された断熱材」です。このスタイロフォームATの特徴として、

1.防蟻性能に優れている。スタイロフォームにネオニコチノイド系の防蟻剤を混入し、断熱材自体にシロアリの食害を防ぐ効能を持たせています。これにより、断熱材がシロアリの蟻道やコロニーになったりする可能性がほとんどありません。また、防蟻剤の現場塗布や土壌改良に比べ、防蟻剤を吸水性の低い断熱材にしている分散していることで、防蟻剤の流出・拡散がほとんど生じません。

2.断熱性能が変わらない。ほとんど吸水しないため、断熱性能がほとんど変化しません。また、混入している防蟻剤の揮発性は非常に低いので、薬効は半永久的です。これにより、防蟻性能とあいまって、基礎回りや土間部分など、水分の多い部位に最適の断熱材です。

3.安全性 スタイロフォームATの防蟻成分は、農薬として使用が認められている安全性の高い物質です。これを主成分とするイヌ、ネコ用のノミ駆除剤も、動物用医薬品として承認・市販されています。ペットのいるご家庭でも安心してご使用いただけます。

ダウ化工 スタイロフォームATの特徴抜粋

そして、基礎と断熱材の継ぎ目を覆うようにフクビ化学工業社製の「アリダンGAテープ」を貼ることで万が一、断熱材を食害して上がってきたシロアリをシャットアウトします。基礎外断熱では業界最長の10年保証付きです。

保障期間の定期点検ではシロアリの進入がないかどうかをチェックします。土台通気のための基礎パッキンもシロアリの嫌がる銅紛を付着させた防虫基礎パッキンを使用しています。土台には「木曽東濃檜」を使用しています。檜の効果効能はたくさんありますが防虫という面でも優れています。檜は「ヒノキチオール」という成分を含んでおり、それがシロアリやゴキブリ、ダニなどの防虫に有効だと言われています。またダニや細菌への抗菌効果もあると言われています。

質問木曽東濃檜ってなんですか?
回答

木曽谷の入り口、岐阜県の飛騨川、木曽川流域に位置する地域から産出する檜です。この地は寒暖の差が激しく、しかも養分の少ない痩せ地という厳しい環境です。檜の成長には、他の暖かい地域と比べ何倍もの歳月がかかります。しかしその悪条件という環境が、檜の中でも最高という、折り紙つきの木曽・東濃檜を生み出すのです。古くから大阪城、伏見城などの建設に用いられ、伊勢神宮では外宮の御神木として建立の用材に使われています。◆産地直送システムにより建築コストを削減しています。

木曽東濃檜は・・・
•年輪幅が狭く均整が取れ、強度に優れています。
•加工性がよく、耐水性があります。
•木肌が淡いピンクで、色も艶(つや)も他に類がありません。
•香りが高く、使いこむほどに味わいが深まります。

建築のプロである私たちから見ても、木曽・東濃檜には、ほれぼれするような気品があります。

産地である中津川市が品質を保証しています。

質問内断熱と外断熱のメリット・デメリットは何ですか?
回答

断熱工法の種類は大きく2種類あります。それは「内断熱」と「外断熱」です。

それぞれメリット・デメリットの内容ですが・・・

◆内断熱◆木造住宅などに使われる工法。柱の間に断熱材を詰め込む、一般的な方法で充填断熱とも呼ばれます。

【メリット】比較的ローコストで施工できる工事業者が多くほとんどの断熱材が使用できる。・外装材の制約がほとんどない。・室内はすぐ暖まりやすい。

【デメリット】・暖かい空気と冷たい空気の境目が壁の内部にある為、内部結露が起きる恐れが大きい・配線や配管の場所を変えにくい。・暖房を切ると室内が冷めやすい。・リフォームで断熱材を充填するには壁を壊す必要がある。

 

◆外断熱◆外張り断熱と呼ばれ、屋根・壁・基礎を外側からぐるっと断熱材で覆ってしまうのが「外断熱工法」です。

【メリット】断熱層が柱で区切られないの切れ目がなく、気密がとりやすい。・使用する断熱材は水分を含みにくい為、結露の心配が少ない。・配管や配線の場所を変更しやすい。・室内が一度温まると冷めにくい。・小屋裏・床下・壁の中・天井ふところなどの、断熱材の内側すべてが室内側になるので使用できるスペースが約1.5倍になる。普通の家に比べ外の雑音が建物に入りにくい為室内が静か。

【デメリット】施工技術が必要なため、工事業者によっては対応できない場合もある。・重量など外装材に制限がある。・内断熱に比べ、一般的にコストが高くなる。・室外の音は入りにくいが、その分家の中の音がよく聞こえるようになり気になることがある。

■外断熱の住宅のメリットとして高気密・高断熱はもちろんのこと、収納がたくさん取れるメリットがあります。40坪の住宅を建てても約1.5倍の60坪の広さがあります。スペースの有効活用例として、◆小屋裏の使用⇒物入れやクローゼットなどに利用。吹き抜けとして利用。◆床下の利用⇒床下点検口からの使用。和室の畳下収納庫。床高を高くして大収納空間やホビールームなどに。◆壁の中⇒室内側に開放して本棚などに。間仕切り壁以外にもニッチが可能です。当社では、上記のメリット・デメリットをしっかりご説明して、コスト面やこだわりなどからどちらの断熱工法が良いかご提案させて頂きます。

 

質問外断熱工法ってなんですか?
回答

従来の断熱工法は、主に「内断熱工法」と呼ばれ、柱などの構造体の隙間にグラスウールなどの繊維系断熱材を充填する工法です。断熱先進国の北欧や北米の大部分の住まいもこの工法で建てられています。しかし高温多湿の日本では実は不向きな工法で、壁内に結露が発生しやすくカビや腐食、断熱材の脱落の原因に。新築時をピークに、年々断熱性能が失われていく欠点がありました。
一方で近年注目を集め、大手ハウスメーカーさんでも取り組み出しているのが外断熱工法(外張り断熱工法)です。これは柱などの構造体の外側から板状の固形断熱材を張り巡らせ、住まい全体を隙間なくすっぽり包んでしまう工法です。極めて高い気密・断熱性能を実現し、壁内部と居住空間に温度差がなくなり結露も抑制します。