休日の妄想

小川です。残暑が続きますね。特に今年の夏は暑かった。気象庁の発表で今年の夏の平均気温は1898年以降の114年間で4番目の高さだそう。

先日、久しぶりに実家に帰った時のこと。リビングに入るとエアコンがついていて涼しい。しかし・・・リビングに隣接する元私の部屋に入ると熱気がモワーン!ドアには結露。よくみると・・・・・・・・・窓が開いてるっっっ。

こんな状況↓↓↓

2F

5_edited-1

祖母は私の部屋を換気してくれているとの事。気持ちはありがたいが・・・・・・。
ちなみに実家は築24年。内断熱工法グラスウール50mm施工。子供室×2は外より暑い。
この省エネの時に結構エネルギー消費してます。

早速窓を閉めて子供部屋のドアを開放。エアコンの温度を2℃上げさせてもらいました。

そもそも実家は設計士さんに設計を依頼し、風の抜け方を考えて設計してもらった様ですが、現実住んでみるとエアコンを使わざるを得ない暑さ。風の良い日はいいですけどね。
しかも海岸沿いなので潮風はジメッと不快。これはリフォームするときに色々考えなくては・・・・

あるいは建て替えかな???壁が剥離してるから壁内結露しちゃってるだろうなー。耐震性もどうかなー。

もしリフォームなら湿気対策で壁は珪藻土を使って、床は無垢かな・・・・・・・。サッシは・・・。断熱材入れ替え?とか妄想が膨らむばかり。

住宅ローンは?地盤は?等等。。こんな時にいいアドバイザーが必要です。そうだそのために私がいるんですね。

明日からまた仕事がんばるぞー!でもやっぱり子供たちに長く住みついでもらえる家がいいですね。