思うこと。

小川です。

『自然素材の家』

最近良く耳にする言葉です。

自然素材というと無垢材や珪藻土・漆喰などナチュラルで健康なイメージがあります。

自然素材をウリ?にした工務店もたくさんありますね。イメージも良い。

できるだけ自然素材を使った家は確かに健康で快適だと思います。でもそうでない住宅は果たして不健康で幸せに暮らせないのでしょうか?

自然素材を全面に打ち出しているメーカーさんの話を聞くとあたかも自然素材の家は健康で、そうでない家は不健康な気がしてしまいますね。

一言で自然素材といっても色々なものがあります。それぞれ特性があるしメリット・デメリットがある。

良いものになればもちろんコストがかかる。

全て自然素材じゃなくたって、気密がしっかりしていて換気システムがしっかりしていれば、シックハウスは問題なし。

私たちはそれを知り、ご家族の住まい方やプランによって自然素材を使い分けなければならない。

先日ある広告会社の方に『たくみさんは建物のデザインは様々だし、何でもできる。逆にそれが伝わりにくい』とご意見をいただきました。

でもそれでいいんです。お住まいになるご家族や土地によって住まい方が違うのは当たり前。仕様やデザインとか、自然素材の家など決めてしまっては、そのご家族が本当に満足する家は提案できません。

『こだわり』を売る手段にしてはいけないのです。

そのためには我々がプロフェッショナルとして日々知識をより高めていかなければならないと思います。

ちょっと熱くなってしまいましたが思うことがあったもので。。。。。