シューズクローク

ぱっとしない天気が続いてます。
陽気な五月はどこへやら、
設計の平野です。

今日は玄関収納のお話。
ここのところ間取りへの要望でよく聞くのは、シューズクローク。

靴だけを置くのならば、既製品の下駄箱で十分ですが、
玄関周辺、よくよく考えてみると置きたい物ってけっこうあります。
靴、靴べら、靴磨き用品、傘、レインコート等の洋服、自転車、
ベビーカー、子供の遊具(砂遊び用のおもちゃ、三輪車等)、
趣味の道具(ゴルフ、スキー等のスポーツ用品)、鍵類、郵便物・・・

しまう物、置きたい物が多いのに、
アパート等の玄関の異常な狭さ
片付けたくても片付きません。

困ったものです。

実用性を考えれば、
玄関周りの収納は是非しっかり考えていただきたいところです。

図はシューズクロークを設けた間取りの例です。

e382b7e383a5e383bce382bae382afe383ade383bce382af1

家族用の玄関も兼ねたシューズクロークと、

e382b7e383a5e383bce382bae382afe383ade383bce382af2

収納スペースとしてのシューズクローク。

どちらにも使い勝手に良し悪し、
必要な最小スペースの違いがでてきますので、
ご家族の生活スタイル、玄関にしまっておきたい物と、
合わせてお考えになってみてください。

「いってきま~す」の玄関
「ただいま~」の玄関
いつでもきれいな玄関にしておきたいものです。

シューズクローク、新しいお家にどうでしょうか?