マイホーム借り上げ制度

ゴールデンウィーク真っ最中ですね。皆さんはどんな休日をお過ごしでしょうか?

先日、移住住み替え支援機構のハウジングライフプランナーの講習にいってきました。

通称、HLP 具体的にどんな資格なのかといいますと、移住・住み替えを軸とした人生設計に関するアドバイスを行う専門家ということです。

現代の住宅事情は、通勤・通学の為の家であり子供たちが独立した後のシニア層にとってはけっして暮らしやすいとはいえません。

しかし、いったん家を買ったら一生そこに住み続けるものという意識はなかなかかえられませんし、住み替えとなるとなかなかふんぎりがつきません。

そこで創設されたのが 「マイホーム借り上げ制度」です。退職を機に転居を考えている50歳以上の方からマイホームを終身で借り上げこれを主として子育て期の家族に転貸して家賃収入を得るというものです。いわばマイホームが年金がわりになるのです。

仮に、家に戻りたくなった場合でも3年ごとの転貸借契約(定期借家契約)の切れ目に中途解約することもできます。

これからの中古住宅流通の一つの柱となるでしょう。           えりか