基礎配筋検査

 

こんにちは!石作です。

富津市K様邸、鉄筋検査に行ってきました。

たくみ工房では全棟基礎配筋完了後、社内検査を行っていますが、

チェック項目はスラブ筋ピッチ・継手長さ・鉄筋結束状況

スラブ筋を持ち上げるスペーサーの個数・立ち上がり筋のピッチ

継手長さ・鉄筋の垂直・水平・通りの精度・各部補強筋などです。

(図面との相違は無いかなどもチェックです。)

これからは住宅瑕疵担保履行法が制定され、保険への加入が義務化

されたことにより、現場検査が増えました。その一つの検査が、

基礎配筋検査です。配筋検査は鉄筋組み完了後、コンクリート打込み前

に行うので検査員の方々も段取りがたいへんそうです。

検査にて是正事項が出ると、その場で指示・手直し、場合によっては

写真提出となるのでスムーズに行けば30分程で終わる検査も

1時間半・2時間とかかってしまうこともあるとか・・・・。

K様邸に関しては、30分で完了しました!

検査員さんにやさしいたくみ工房です!!

                        

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です